銀塩写真が主流だったころには現像した写真を貼り付けるアルバムが主流でしたが、デジタルカメラが主流となると印刷や写真選びの手間からアルバム作りという文化そのものが衰退していました。しかし近年、保存媒体の大容量化やDTP(卓上出版)の発達に伴い、デジタルデータから市販の写真集も顔負けするような品質のフォトブックを作成するサービスが多数登場しました。アルバム作りの老舗、DPEの大手チェーン店、新興の小規模企業まで、幅広い企業がこのサービスに取り組んでいます。

フォトブックフォトブックは自作することも出来ますが、デジタルカメラで撮影した写真をプリントする場合、家庭用の機材で出来る印刷では、綺麗な写真になかなか仕上げられません。贈り物にも使えるような、本格的なフォトブックを作るなら専門家に任せるのが得策です。最近はインターネット上で注文を行なう、ネットワークプリントが主流になっており、印刷する写真の選定やレイアウトの指定など、細かい注文も自宅で行なえます。デジタルカメラだけでなく、スマホで撮影した写真を印刷してもらうサービスも存在し、カメラが無い方でも立派なフォトブックを作成できます

デジタルカメラなどで保存したデータは、保存機器のトラブルで消滅する可能性がありますが、フォトブックで印刷してしまえば、手元に思い出が残り続けます。ただ写真を並べるだけでなく、思い出の品を挟めたり、レイアウトを凝らして自分だけのことブックを作ったりと、データだけにはない魅力を引き出せるのも魅力です。大事な思い出を残したい方は是非注文してみてください。

フォトブック作りとは